資料請求

檜建設リフォーム施工例

檜建設お客様の声

檜建設施工例

檜建設土地情報

注文住宅の豊田の併用住宅

注文住宅の岡崎の家

注文住宅の東海の家

注文住宅岡崎の家

注文住宅の猫と住まう家

檜建設注文住宅施工例

スキップフロアのボックスハウス   

 

デザインコンセプト
御実家敷地の一部での新築計画。道路から敷地の奥まで約1m程の高低差のある土地形状の中、極力段差を感じないような空間の構成を検討し、
交通量の多い前面道路からの視線を避けつつも、敷地の奥に建つ御実家との繋がりのある断面計画を考えた。
シンプルなボックスの内部にはスキップフロアを採用。
「階段を上る」という感覚を極力無くすように、ステップ部に家族や来訪者が気軽に腰掛けることができるベンチとしての機能を持たせ、
リビングの一部として利用できるようにした。

建築地:安城市   

黒いスクエアな形状が印象的な外観デザイン。
凹んだ部分にバルコニー、坪庭を配置し、
風を呼び込んだり、室内から緑がみえ外部を感じることができるように配慮しています。

扉を開け室内に入ると、壁面の棚に飾られたインテリアが映えるギャラリーのような玄関スペースが広がります。
夜になり玄関の照明を灯すと、スキップの上にあるリビング空間から、はめ殺しの窓越しにこのスペースが望めるようになっています。

南北に空間が抜けるリビング・ダイニング。
限られた敷地の中で広がりを取り込む為、床付けのサッシを多用し、床面に光が広がるようにすることと、視線を遮らないよう階段をスケルトン、構造ブレースを露出させて、「抜け感」のある空間としています。

空間に連続性をもたらすようにステージのような形状のスキップフロアを採用。
道路に向かって上部方向へ視線が向くようにし、前面の道路を走る車が目に入ってこないように開口部の高さを調整しています。