資料請求

檜建設リフォーム施工例

檜建設お客様の声

檜建設施工例

檜建設土地情報

注文住宅の岡崎の家

注文住宅の東海の家

注文住宅岡崎の家

注文住宅の猫と住まう家

檜建設注文住宅施工例

床座でくつろぐ家   

 

デザインコンセプト
「住みやすい」・「心地よい」・「落ち着く」
初めてお会いした際にご夫婦との会話の中から導かれた家づくりのテーマがこれらの言葉でした。
その為には窓を開け放してリビングで過ごせ、床座を楽しむことのできる空間であること、
さらに北側の工場の気配を感じる事のないようにすることが必要でした。

北側の部分に光を届かせるよう中庭を配し、南側から中庭へと風の通りをつくり、
デッキは床続きとし、窓を開け放せばリビング空間と一体になるよう計画。
キッチンからは中庭方向に視線が抜け、お隣の緑や遠くの空が望めるように。

必要な方向に開き、見たくない方向は閉じる。このシンプルな発想が、
風が流れて「心地よく」、周囲からの視線を気にすることなく「落ち着いて」暮らせ、
「住みやすい」空間をもたらしました。

建築地:西尾市一色町   

南の庭から中庭へと風が流れるリビング空間。床座がお好みのご夫婦なので、床材は無垢材に。 小上がりのタタミスペースは腰掛けにも。

奥の壁はご夫婦の趣味のフォトスペースに。

キッチンから、また視線を移せばリビングへと視線が伸び、その先には東の畑の緑と遠くの空が望めます。
子供たちがデッキで遊ぶ様子を見ながら、風に揺らぐ木々や雲が映っていく様子を見ながら、心地よく料理を。

中庭のデッキ空間は洗面スペースへと繋がり、視覚的な広がりを。
周囲から覗かれることのない中庭は外のリビング空間となります。

平屋のような暮らしがご希望なご夫婦。
デッキや玄関、車庫を大きなゆったりとした屋根をかけ、
落ち着きのある外観に。