ひのき建築工房幾何学的な家

Stop

Play

デザインコンセプト

お客様のご要望は四角い箱を組み合わせた外観。
友達をたくさん呼んでワイワイできる明るく広いリビングのある家。
それに対して、外観を屋根も水平な箱を組み合わせた幾何学的なデザインとし、
その箱の中に射し込む光と、外の景観を取り込み、内と外とのつながりをもった家としました。

檜建設デッキ画像

外観は段差のある所で外壁の色を変え、色の違う箱を組み合わせた表現とし、陰影によって、より立体的に見せています。

檜建設廊下画像

檜建設の建築施工例

建設地は水田が広がり、遠くの山々まで視線が抜けていく立地です。
南側の大きな開口やキッチンの背面の横長窓からパノラマの景色と太陽の光をふんだんに取り込めるように窓を配置。そして、LDKと和室、外に造るウッドデッキと一体になる間取りにより、 どこにいても家族や友達と顔を合わせられ、その向こうには外の景色が目に入ります!
開放感のある空間の中で、ゆったりと楽しく過ごす家族の姿が想像できる場所になりました。
ちなみにキッチン横には食品庫、他に着替え専用部屋もあり収納にもこだわっています。

檜建設軒裏画像

リビングと一体で使える、扉も白いすっきりとした和室。
上の窓からは絞った南の光を取り入れ、地窓は畳に座った目線の高さで庭が眺められるようにしています。

檜建設廊下画像

建物北側の庭は、生活活動の中の癒しスポットです。
庭に面してリビング、1・2階廊下、洗面に大きな窓を設け、内と外の空間をつなげました。
室内に居ながら、緑や四季を近くに感じられます。

檜建設廊下画像

玄関框・サッシ・間接照明の水平ラインを奥に向かって伸ばす事で、空間に奥行きを、床付けの窓や奥につながった廊下が、 その先への広がりを感じさせます。
そしてポーチタイルの目地の入れ方にもこだわり、玄関に華やかさを持たせました。
左の濃茶色の壁は内と外をつながっているように見せるため、ポーチと同じ外壁材を使っています。
奥に見える扉の向こうは、多趣味なご主人のためのゴルフバッグや釣り道具をしまう大型収納!