ひのき建築工房豊田の家

Stop

Play

デザインコンセプト

最初にこの場所を訪れた時、1本の大きな桜と桜並木がある事に気づきました。
家族の集まる団欒の間を2階につくり、桜を眺めて暮らす・・・それがこの家の設計テーマになりました。
1本の大きな桜の木は、主寝室と子供室の窓から、桜並木は居間の南の窓とカウンターのある西の窓から、 それぞれ眺める様にしました。更にこの西の窓から見る夕日は最高に美しい!
この家の窓から季節や1日の移り変わりを見たり感じたりして家族共通の記憶として残していく!
そんな家になるといいなぁと思います。

檜建設デッキ画像

木製格子をバルコニーと、
風呂庭に使っています。適度に視線を遮り風を通す、目に優しい壁です。

檜建設廊下画像

居間の床は高さを変えて、格子座と床座の視線の高さを合わせています。 床には桐板を張って座るもよし、ごろ寝するもよし!
大きなテーブルは家族団欒の中心になります。

檜建設軒裏画像1

家の中心に階段を作り、暗くなりがちな1階の廊下に光を届けます。
壁にアクセントとしてステンドグラスを埋め込んでいます。